クレジットカードの審査に不安な方へ!審査の仕組みと審査通過のためのポイントを解説

クレジットカードの審査に不安な方へ!審査の仕組みと審査通過のためのポイントを解説

クレジットカードの審査に不安な方へ!審査の仕組みと審査通過のためのポイントを解説

クレジットカードを作ろうとしても、どうしても気になるのが「審査」です。
一度カードを作った人からすればさほど気になるものでもありませんが、初めてクレジットカードを作る人には身構えてしまう項目です。
特に、過去にカードの審査に落ちたことのある人の場合、その不安はとても大きなものになります。
ここではクレジットカードの審査はどの様に行われているのか、審査の内容はどんなものなのかを詳しく紹介し、その対策方法を考えていきましょう。

Contents

クレジットカードの審査で知っておきたい基本

詳しく見ていく前に、クレジットカードの審査についての基本事項を知っておきましょう。

審査なしで作れるクレジットカードはない!

審査がないカードがあれば、そもそもこんなに審査に不安になることも無いのですが、残念ながら審査なしで作れるクレジットカードはありません。
その理由は、クレジットカードの仕組みを考えれば納得いただけるでしょう。クレジットカードを使えば、一時的とは言えクレジットカード会社があなたの代わりにお金を立て替えてくれることになります。つまり、「お金を貸す」という行為と同じなのです。
あなたが友人にお金を貸してほしいと言われた場合とは違い、あなたとクレジットカード会社は見ず知らずの他人です。「貸して」と言われて簡単に貸すことはできません。
なので、クレジットカードの発行にはどうしても審査が必要になります。この審査を通過すれば、晴れてカードホルダーになることができるのです。

ですので、審査に不安な方は審査の対策を行って臨む必要があります。
「審査無しのカカードを作る」という頭から切り替え、審査に通る方法を考えていきましょう。

クレジットカードの審査のポイント

まず、クレジットカードの審査で重要とされる「3C」と言われるポイントについて解説します。
「3C」とは、「Capital」「Capacity」「Character」の3つを表す言葉です。それぞれどんなものなのでしょうか。

資産(Capital)

Capitalとは、資産のことです。
その名の通り、クレジットカードを発行するにあたり、あなたが現在どれだけの財力があるのかを見ています。
カードの申し込みの際に、預貯金額を記入する欄があります。具体的にはこの項目で確認をしているのです。

その他、マイホームを持っていることも審査でプラスに働くこともあります。

返済能力(Capacity)

Capacityは、貸したお金が必ず返ってくるかを見るポイントです。
あなたのことを知らないクレジットカード会社は、以下の項目で貴方の返済能力を図って審査をします。

過去の実績

「クレヒス」という言葉を聞いたことがありますか?これは「クレジットカードヒストリー」と言われる、過去の返済実績のことです。
実は、あなたが過去にカード会社、信用金庫、銀行などからお金を借りて返済をしてきたかどうかは全て記録されているのです。この過去の記録を見ることで、貴方の返済能力を確認しています。
「お金を借りた記憶なんて無いよ」という人もおられるかもしれませんが、実際には多くの人が過去の返済記録を持っていることと思います。
携帯の本体代金を還付(月々分けて返済)したことをある人は多いでしょう。実はこれも返済記録として残っています。
同じように、ローンなどの分割購入も過去の返済実績として残っていて、見ることができるのです。

住居の所有

家を持っている方も、審査では有利に働きます。
万が一返済が不可能となった場合にも、家を持っておられる方は家を売却してお金を作ることができるからです。賃貸ではこういった方法が取れないため、持ち家がある人の方が審査に有利な結果になることがあります。
ただし勘違いしないでほしいのが「賃貸だからクレジットカードの審査に通らない」ということではありません。この項目は他の項目で少しスコアが振るわなかった場合にダメ押しで確認をされるポイントと思ってもらって大丈夫です。
ですので、基本的な資産や収入、クレヒスの問題をクリアしていれば問題ありません。

性格・特性(Character)

最後のCharacterは、あなたの「属性」を見るポイントです。
あなたという人が、社会的に見てどのような特性をもった属性なのかを判断し、審査します。

雇用形態

あなたの属性を見る上で最初にチェックするのが、あなたの雇用形態です。
大きくは定職に就いている方なのかどうかが重要視されます。正社員であれば、安定収入があることの証明になるからです。
正社員でなくても、派遣社員、パートタイマー、フリーターであっても安定収入があれば審査に通るカードもありますが、ステータスの高いカードの審査では難しくなるでしょう。
クレジットカードの審査において一番不利になる方が「無職・無収入」の方です。
貸したお金が返ってくる補償がないとみなされ、審査に通るカードの選択肢自体が狭められてしまいます。

職業

同じ正社員であっても、職業によって評価も変わります。
もし公務員であれば、リストラという危険もなく、安定収入があることの証明になります。近年の不景気で一概に言えなくなってきましたが、大手企業の方も安定した収入があるとみてもらうことができます。
零細企業、ベンチャー企業の方は、これらの方と比べると「職業」というスコアリングにおいては若干の不利をえることになるでしょう。

勤続年数

勤め先も重要ですが、「そこに勤めて何年になるのか」という勤続年数も重要です。
大手企業勤務であっても、勤務歴が浅ければ「将来的にこの人は勤め続けるのかどうか」は判断しにくいですよね。
逆に、20年も勤めている方は、きっと年齢的にご家庭もあるでしょうし、その勤め先を辞める可能性は低いと考えられます。
よって、勤続年数の長さはスコアリングで有利となるのです。

年収

先に紹介した「Character」の評価項目をトータルで見た上で、あなたが得られている「収入」も見過ごせないポイントです。
「どこに何年努めて、結果いまはいくら収入があるのか」によって、審査結果に影響を与えます。もちろん、収入が高い方の方が高評価となるのです。
また、年収の高さはカードの審査に影響をするだけでなく、カードが発行される際の「クレジットカードの限度額」にも影響を与えます。
いずれにせよ、年収が高い方の方が有利となることは覚えておきましょう。

審査に通るクレジットカードと通らないカードがある訳

審査で見られる項目を詳しく見てきましたが、これまでにクレジットカードに申し込みをしたことがある方なら「審査に通ったカード」と「審査に落ちたカード」があったのではないでしょうか。
同じ自分が審査を受けているのに、このような違いが出るのは何故でしょうか。

スコアリングの配点が異なる

クレジットカードの審査で見られる項目は概ね同じですが、クレジットカードごとに項目のスコアリングが異なるのです。
どのカードが具体的にスコアリングで何点とれば審査に通過できるかは分かりませんが、カードごとに異なることは間違いありません。
なぜこのような違いが出てくるのか、もう少し踏み込んで説明しましょう。

カードのステータス

クレジットカードにはステータスがあります。
ハイステータスで審査に難しいブラックカードやプラチナカードと言われるものもあれば、流通系・消費者金融系と言われる審査に通りやすいカードもあるのです。
それぞれでカードを発行している理由、カードを持って欲しい層がことなるため、スコアリングの配点の違いが生まれるのです。
プラチナやブラックカードを持つには、役員であったり社会的地位も必要になります。ハイステータスのカード審査ではスコアリングの配点が違ってきます。
これまで審査に落ちた経験のある方は、きっとステータスが高めのカードに挑戦した結果、残念ながら落ちてしまったのではないでしょうか。

審査通過の基準が異なる

スコアリングの配点が異なることに加え、審査通過の基準も異なります。
例えば、審査に易しいカードで「年収」の項目が10点中4点で通過できたとしても、審査が厳しいステータスカードでは7点以上必要、といった具合に合格点自体が異なるのです。
審査難易度の高いカードを通過するには、各項目で高得点を取れるだけの申込者のステータスが必要になってきます。

クレジットカードヒストリーはどのカードでも重要な項目

クレジットカードの審査項目をいろいろと説明をしましたが、その中で一番重要と言える項目が 「クレヒス」と呼ばれるクレジットカードヒストリーです。
クレヒスについてはあまりご存知無い方もおられると思うので、詳しく解説をしておきます。

クレジットカードヒストリーとは

クレジットカードヒストリ、通称クレヒスとは、あなた個人がお金を借りて返済した履歴のことです。
これまでにクレジットカードの返済を初め、ローンの返済、借入金の返済など、すべてのお金を借りて返済を行った履歴が残っているとお考えいただいて構いません。
偏差履歴は「信用情報」と呼ばれるもので、JICC、CIC、全国銀行個人信用情報センターがそれぞれ管理をしています。どこでお金を借りたかで、登録される機関が異なります。
クレジットカード審査の際には、これらの信用情報機関に保管される信用情報を参照しているのです。

返済が滞ると「ブラック」評価になる

クレジットカードを作る際に「ブラックだから審査に通らない」といった話を聞いたことはありませんか?
この「ブラック」と呼ばれる人は、返済履歴に傷がついている状態です。つまり、過去に返済遅れや未返済の記録が残ってしまっていることを指すのです。

正しくは信用情報機関に「○○さんはブラックです」と記載されるわけではありません。
個人信用情報には、返済がきちんと行われたか、返済が遅れたのか、されなかったのかが月ごとにマークで記載されます。
ここで返済が遅れた、行われなかった場合のマークが付いている状態を「ブラック」と呼んでいるのです。
過去に返済が正確に行われなかったという痕跡が残り、あなたのことが信用できないと判断され審査で落ちてしまう原因になるのです。

クレヒスホワイトはクレジットカード審査に通りにくい

ブラックとは逆に、「クレヒスホワイト」と呼ばれる属性の人もおられます。
クレヒスホワイトの人も、カードの審査に通過しにくくなる属性ですので、気をつけてください。

クレヒスホワイトとは、過去に信用情報記録が全くない、お金を借りて返済をした経験の無い人のことを指します。
返済に遅れた経験ももちろん無いのですが、カード会社からすれば貸したお金をちゃんと返してくれるという実績もない、いわゆる「未知数」な人のなのです。
社会人にもなれば大体の人がクレジットカードを持つことになるため、多くの人にはクレヒスが存在します。
そのクレヒスがない人は、社会的にどうななの?と不安に見られてしまうことも、審査で不利になる原因です。

クレジットカード所有のためのクレヒスの積み方

クレヒスホワイトの場合、なかなかクレジットカード審査に通らないケースもあります。
しかし、審査に通ってカードを作らないことには、クレヒスも付かず現状を変えることはできません。
そんな場合、一体どうすればいいのでしょうか?

実は、クレヒスはとても簡単な方法で積み上げることができます。それは携帯電話の月賦払いです。
携帯電話を申し込んだ際に、購入時にお金を払わずに月々の利用料金と一緒に支払いを行ったことはありませんか?
携帯電話の月賦払いも信用情報に記載されるのです。携帯電話の月賦払いの申し込みは、カードを作ることよりも非常に簡単にできます。
この方法は、過去にブラックとなってしまった方のクレヒスの積み直しにも有効です。
時間はかかりますが、このような方法でクレジットカードヒストリーを積み上げてから、目当てのクレジットカードに挑戦しましょう。

ちなみに、当然ですが、月賦払いも支払いが遅れればブラックになってしまいます。支払い遅れの無いように十分に気をつけてください。

クレジットカードのキャッシングの審査はさらに特殊

クレジットカードを作る理由に、キャッシング機能を目的とされている方もおられるでしょう。
同じクレジットカードの機能であっても、キャッシングの審査はカードそのものの審査と少し特徴が異なります。

ショッピング枠とキャッシング枠の審査は別で行われる

クレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」の2つがあります。
ショッピング枠とキャッシング枠の関係は、独立した別物ということではなく、ショッピング枠の一部分がキャッシング枠として割り当てられるという理解をしてください。

ちなみに、ショッピング枠とキャッシング枠はそれぞれどのようなものなのかを説明しておきましょう。

  • ショッピング枠
    店頭での買い物で支払いを行える機能の限度額
  • キャッシング枠
    ATMなどから現金を引き出せる限度額

このように、この2つはどちらも限度額のことですが、用途が全く異なります。
用途が異なるために、カードそのもの(いわゆるショッピング枠)の審査と、キャッシング枠の審査も別で行われるのです。

キャッシング枠の審査はカードローンと同様の審査

キャッシング枠の審査は、現金を借りて引き出す機能ですのでカードローンと同じような審査が行われます。
個人信用情報を調べた上で、過去の返済履歴や現在の借り入れ額などから審査が行われます。
クレジットカード自体の審査で見られるよりも、キャッシングの審査ではこの項目が重要視されます。
審査基準はカード自体の審査と同様、カード会社ごとに異なりますので、キャッシング枠が通るカードと通らないカードが出てくることもあります。

キャッシング枠の限度額は年収から総量規制の範囲内が上限となる

キャッシング枠の審査に通ったとして、一体いくらの限度額が付けられるのでしょうか。

総量規制とは

キャッシングの限度額には、「総量規制」というものが非常に重要になってくるのです。
総量規制とは、貸金業者からの合計借入額が年収の1/3以内で無くてはいけないと定められた、法的な規制です。
年収が300万円の方であれば、総量規制の範囲内で最大100万円までの上限が法的に定められています。
その上で、カード会社が審査を行い、キャッシング枠の限度額を範囲内で設定するのです。

ポイントとなるのは、総量規制は「合計借入額が年収の1/3以内」という点です。
もし、あなたが他社からカードローンやリボ払いでの借り入れが残っていた場合、年収の1/3から借り入れの残っている金額を引いた分が、法的な上限となるのです。
先ほど例に出した年収300万円の人が、20万円のカードローンの借り入れが残っていた場合、100万円から20万円を引いた80万円が新たに作るクレジットカードでのキャッシング枠の法的な上限となります。

クレジットカードの審査に通らなかった場合はどうする?

そうは言っても、この記事を読んでおられる方の中にはすでにカードの審査に落ちてしまった方もおられるかと思います。
そんな方はカード取得のためにどうすればいいでしょうか。やってはいけないこと、やるべきことをお伝えします。

立て続けに申し込みをしない

審査に落ちたから、別のカードに挑戦し直そう!と、すぐに別のカードに申し込みをすることは絶対にやめてください!
立て続けに申し込みをしてしまうと「申し込みブラック」と呼ばれるペナルティ判定をカード会社から受けることになります。
カード会社は審査の際に、直近の他社カードを含めた申し込み履歴を知ることができます。
立て続けに申し込みをしていることがわかれば「この人はお金に困っているのではないか?」と疑いをかけられ、審査に通過できなくなるのです。

申し込みブラックは、審査に通過できた場合でも気をつけるべき印象の悪い状態です。審査に通過できていない状態で立て続けに申し込みをすることは以ての外!
新しくカードにもう込みをする場合は、だいたい半年を目安に期間を空けてから申し込みを行うべきです。
申し込みブラックとなってしまうと、本来スコアリングでも審査に問題なく通るカードであっても審査通過できなくなることがありますので、気をつけてください。

クレヒスがブラックの場合は実績を積み直す

クレジットカードの審査に落ちてしまった場合は、クレヒスに何かしらの問題がある場合がほとんどです。
まずはご自身の信用情報を調べ、確認をしましょう。
きっと、何かしらの返済事故履歴がマークで残っていると思いますので、このマークを消すことが大切です。
『クレジットカード所有のためのクレヒスの積み方』の部分でも説明した通り、過去の返済事故歴を消すための継続が必要となります。

信用情報にブラックとして載ってしまった場合、未納だった借入が完済してから5年間は保有期間として事故歴が残ります。
時間はかかってしまいますが、ブラックとしての記録は残っていると住宅ローンなど困る場面も多いです。
少しでも早く、金融事故記録を消すようにしましょう。

どうしても急ぎでお金を工面したい人のための方法

一度ブラックになってしまった場合、クレヒスをきれいにするためには時間がかかってしまいます。こればかりはどうしようもありません。
しかし、どうしてもお金が急ぎで必要な場合もあるでしょう。「ここまで呼んだのに方法が無いなんて…」と気を落としてしまわれるでしょう。

そんな方のために、最後にJ.Score(ジェイスコア)をご紹介したいと思います。
J.scoreはカードローンですが、審査に自信が無い方にも嬉しい特徴のある、新しいサービスのカードローンになっています。

J.score(ジェイスコア)とは?

みずほ銀行とSoftBankから生まれた個人向けの無担保有志サービス

J.Scoceは、新サービスでありますが金融業界の老舗みずほ銀行と、多方面のサービスを展開するSoftBankが共同で提供するサービスです。
お金を借りるとなると、どこの会社か分からないところから借りることはちょっと怖さもありますよね。その点、誰もが名前を知っている二社が運営をしているという安心感はとても大きいです。

審査前に「AIスコア・レンダリング」でクレヒスに記録を残すことなく結果を知れる

J.Score(ジェイスコア)がみずほ銀行に加えSoftBankが関わっている理由は、一番の特徴となる「AIスコア・レンダリング」というシステムにあります。
この仕組によって、いわゆる「申し込み前の事前審査」がAIによって行われます。このAIの審査で600点以上のスコアが出た方しか本審査に進めないため、落ちてしまって申し込みブラックになるリスクを回避できます。
審査に不安な方の事前確認にも活用できます!

申し込み時の情報量の多さで審査通過率と条件の良さが上がる

J.ScoreのAIスコア・レンダリングは少し変わっています。
先に全情報を入力し、審査結果を待つ従来の審査と異なり、質問に応えるごとにスコアがドンドンと上がっていく仕組みとなっています。
多くの質問に答えることで情報入力をしていくことであなあの信頼度が高まり、600点を超えた時点で審査通過となります。
また、そこからより多くの質問に答えていくことで、借入条件も比例して良くなっていきます。
借入限度額が上がり、金利が低くなるので、できるだけ多くの情報を入力しておく方がいいです。

融資の金利が低い

先にも説明しましたが、質問に応えるごとに金利が下がり条件が良くなっていきます。
加えて、ジェイスコアの金利は0.9%~12.0%と、最高の12%でも貸金業の金利相場と見比べると低く設定されています。
消費者金融の金利上限が18%、銀行でも14%程度と考えると、どれだけ金利が低いかがご理解いただけるかと思います。

審査が早く、即日融資も可能

ジェイスコアをおすすめする理由は、審査の早さにもあります。
審査は最短で30分で完了し結果が出ます。CMでもよく見る大手の消費者金融と同じレベルの早さです。
おまけに14時までに申し込みを済ませることができれば、最短即日で指定の口座に振込をしてもらい融資を受けることができます。
ただし、即日融資は平日のみとなります。土日では対応していませんので、即日融資を希望する際は気をつけましょう。

J.Scoreをもっと知りたい方

ジェイスコアの審査について、もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にご覧ください。

J.Score(ジェイスコア)の審査の流れや審査基準は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です