イオンカードの年会費や審査、ポイントの貯め方・使い方を紹介

「専業主婦だけどクレジットカードが欲しい。でも審査に通るのか心配…」なんて悩みを抱えた主婦の方は多いハズ!そんな主婦に強い味方になるクレジットカードがあるのです。今回ご紹介する「イオンカード」は、まさに主婦の味方であり、強い人気を誇っているカードなのです。
ご結婚されている主婦であれば旦那さんの家族カードを発行するという方法もありますが、明細を見られてしまったりと不都合に感じる成約もあるのが事実。どうせなら自由に使える自分自身のカードが欲しいものです。
スーパーでおなじみで、全国どこにでもあると言っても過言ではない「イオン」が発行するイオンカード、その特徴を詳しく見ていけば人気の秘密がきっと分かるはずです!

イオンカードの基礎情報

はじめに、イオンカードの基礎情報についてまとめておきます。

発行会社 株式会社イオン銀行
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
年会費 永久無料
利用限度額 100万円まで。審査によって決定。
キャッシング枠 1,000円〜300万円。審査によって決定。
家族カード 有(3枚まで)

年会費・発行手数料:無料

ETCカード 年会費:無料

発行手数料:無料

支払方法
  • 1回払い
  • 2回払い
  • ボーナス一括払い
  • ボーナス2回払い
  • 分割払い
  • リボルビング払い
支払日  毎月10日締め、翌月2日払い

イオンカードのオススメしたい特徴解説

早速、イオンカードをオススメしたい理由となる特徴を解説していきます。

年会費無料で主婦でも負担無し!

財布の紐を握る主婦の方は、余計な出費をシビアに取られます。イオンもそんな主婦の心境を察してか、イオンカードは年会費無料で持つことができます。年会費無料のカード自体は珍しくも無いですが、専業主婦でも持てるカードという狭い選択肢の中で年会費無料としてくれているイオンカードは、主婦にとって強い味方と言える大きなポイントとなってるでしょう。

国際ブランドはVISA、MasterCard、JCBから選べる豊富なラインナップ

多くのクレジットカードを持つことが難しい専業主婦だからこそ、一枚のカードの国際ブランド選びはとても重要となります。イオンカードは日本で主要となる3ブランド、VISA、MasterCard、JCBを全て取り扱っているため、好きな国際ブランドを選ぶことができます。日常の買い物以外にも洋服などのショッピングで使うことも多いでしょう。よく利用する店舗で使える国際ブランドを選ぶことで、イオンカードをあなたにピッタリの一枚にすることができます。

キャッシュカード一体型、WAON一体型選択肢が豊富!かさばる財布の中がスリムに

財布の中に色々なポイントカードが増えてしまい、常にパンパンに膨れ上がっているという主婦の方、スーパーのレジなんかで非常によく見かけます(笑) おトクさを求めるあまり、ついカードの種類が増えてしまいますよね。イオンカードはそんな主婦の財布の中身の事情にもしっかりと考慮してくれています!クレジットカードでありながら、イオン銀行のキャッシュカードが一体になったもの、さらにはポイントカード「WAON」まで一体になったもものがあり、カード1枚で二役三役こなしてくれるスグレモノなのです!イオンカードを持つことで、カードが増えるどころか返って財布の中がスリムになるなんてこともイオンカードなら可能です。

かわいいカードフェイスのディズニーデザインも人気

主婦をターゲットにしたカードのため、女性に嬉しい配慮がカードのデザインにもされています。標準のカードでもスタイリッシュなデザインのカードで持っていても邪魔にならないですが、もっとかわいいディズニーデザインのカードも発行されています。ミッキーマウスがあしらわれ、カラーもベージュで全体的に大人しいデザインになっています。背景が濃い色でないため、ミッキーマウスがよく映えています。
ただし、一点だけ注意が!ディズニーデザインの場合、国際ブランドはJCB一択となります。日常の買い物でしか利用しないのであればもちろんJCBでも全く問題ありませんが、その他の店舗でも利用する場合はJCB加盟店であるかどうか事前に調べるようにしておきましょう。

ところで、なぜJCBブランドだけディズニー仕様もあるの?

「なんでJCBだけなの!?」と思われる方もおられるでしょう。その理由を少しだけ説明しておきます。実はJCBとディズニーは提携をしていて、非常に強い関係性があります。JCBオリジナルのクレジットカードでは、特典としてディズニーの優待券がもらえるほど、蜜月関係にあります。なので、ディズニーデザインが許可を得られるのはJCBの特権と言え、VISAやMasterCardでは採用することができないという訳です。理由が分かれば、少しは納得ができるのではないでしょうか?

基本のポイント還元率は0.5%だが、イオンでの利用で2倍の1%!

イオンカードの基本のポイント還元率は0.5%となっています。飛び抜けて高いこともなく平凡な還元率と言えますが、この還元率がイオンお買い物であればポイントが2倍となるのです!1%の還元率といえば、高還元率で人気の楽天カードに匹敵するポイント還元率です。後ほど詳しく説明をしますが、毎月10日はイオンでのお買い物でポイント還元率がさらに2倍となり2%まで跳ね上がります!このタイミングでまとめ買いをしてしまえば、あっという間にポイントが貯まるでしょう。

お客様感謝デーの20日30日は毎月5%オフ

イオンカードの強みはポイントだけではありません。イオンでのお買い物でイオンカードを使った決済をするだけで、毎月20日と30日の2日間は5%オフになります。「♪20〜日30日5%オ・フ〜♪」というCMソングでお馴染みになっているお客様感謝デーの2日間、イオンカード所有者はイオンへ行くことがマストと言えるくらい、とても魅力的な特典ですね。

使い続ける楽しみ!イオンゴールドカードへのインビテーションが届くことも

イオンでのお買い物でお得になること目白押しのイオンカードですが、使う楽しみがもっと用意されています。イオンカードの上のステータスカードである「イオンゴールドカード」へのインビテーションが使い続けることで送られ、一つ上のステージへと進むことができます。イオンゴールドカードは完全インビテーション制となっているので、いきなり手に入れることができないだけにインビテーションが届いた際はとても嬉しい気持ちになることができるでしょう。気になるイオンゴールドカードの特徴は、改めて説明させてもらいますが、こちらのカードも特典満載です。インビテーションが届いたら、是非ともカードをランクアップさせましょう。
ちなみに、イオンゴールドカードへのインビテーション発行条件は明記されていませんが、年間100万円の利用が一つの目安となっているようです。月8万円ほどの支払いが必要ですが、光熱費や携帯代の支払いもイオンカードにまとめることで難しい条件ではなくなると思います。

イオンカードのポイントプログラム

主婦にとても人気のある「ときめきポイント」プログラムでWAONポイントに交換可能

よく勘違いをされている方が多いのですが、イオンカードを利用すると貯まるポイントの種類はWAONポイントではなく「ときめきポイント」となっています。このときめきポイントは200円の利用ごとに1ポイント貯まる仕組みとなっています。お買い物意外にも、公共料金や家賃の支払いでももちろんポイントが貯まりますので、支払いをまとめることでドンドンポイントが貯まるようになっています。

毎月10日の「ときめきWポイントデー」は逃さず利用しよう!

イオンカードを活用するためには、ときめきポイントを効率よく貯められるかが重要です。
このときめきポイントは毎月10日のイオンのお買い物でポイント2倍となります。200円で2ポイント貯まるため、食料品や日用品をこの日にまとめ買いすれば効率よくポイントが貯められますので逃さずチェックしまししょう!

ときめきポイントは優待加盟店やときめきポイントTOWNでポイントがアップ!

ときめきポイントクラブの優待加盟店として、JALや近畿日本ツーリストといった旅行に関する企業や、コスモ石油や和民といった普段利用したい店舗、結婚相談所ツヴァイやアート引越センターなど特別なライフシーンで利用したい企業まで幅広く網羅されています。これら加盟店での利用に関してはポイント2〜5倍という還元率の高さでポイントが獲得できます!
また、ショッピングサイト「ときめきポイントTOWN」では、楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングにLOHACO、ベルメゾンネットといった大手のショッピングサイトが加盟しています。これらのショッピングサイトで欲しいものをときめきポイントTOWN経由で購入することで、ポイント最大21倍という高還元率を実現できます!イオンカードを使うのであればチェック必須の項目ですね!

貯まったときめきポイントはWAONポイントにしてWAONで利用が可能

イオンカードを使っている人なら「ときめきポイントじゃなくてWAONポイントが欲しいんだよ!」と声を上げたくなる人も多いでしょう。ご安心ください。ときめきポイントはWAONポイントに移行することが可能なのです!WAONポイントをWAONにポイントチャージをすることでWAONでの利用が可能となっています。チャージ方法は店頭のWAONステーションか、アプリのモバイルWAONを利用する2つの方法があります。
一つ気をつけておきたい点があります。WAON機能のついたイオンカードやイオンカードセレクトであれば同じカードのWAON機能にポイントを移行すればいいのですが、WAON機能のないイオンカードでWAONポイントに交換した場合は、WAONカードプラス(発行手数料300円)が必要となります。WAONカードには移行できないので気をつけてください。
ときめきポイントからWAONポイントへの交換は1,000ポイント以上から500ポイント単位で交換可能です。交換方法はイオンスクエアメンバーIDを使ってMyPageにログインすることで交換する方法が一番簡単です。他にも、電話での音声ガイダンス(念珠無休、24時間対応)や郵送で交換の申請もできますが、手間や時間を考えるとインターネット上での手続きをオススメします。

もちろん「ときめきポイント」のままの利用もOK

WAONカードに交換するのが面倒だ、WAONポイントを利用することがない、そんな人はときめきポイントをそのま使うこともできます。オンラインショッピングで1ポイント1円で利用することもできますし、「暮らしのマネーサイト」で商品への交換も可能です!なにかと使い道が豊富なポイントなので、貯まったけど使う場面がない!と頭を悩ませることはないでしょう。

イオンカードの審査から受取までの手順

審査難易度・審査期間

イオンカードは主婦をターゲットとしたクレジットカードであるため、審査は非常に易しいとされています。実際に「18歳以上(高校生を除く)電話連絡が可能な方」といった条件とされていて、よくある「安定収入がある方」といった記載もありません。一方で、男性でイオンカードの審査に通らなかったという意見もネット上で見られます。主婦をターゲットとしているため女性の方が審査に有利な点もあるかもしれませんが、よほどのことが無い限り男性でも審査を心配する必要のないカードです。
審査にかかる期間は、公式サイトにも記載されていません。電話で問い合わせをしても明確な答えを返してもらえず、具体的な数字を知ることはできませんでした。目安として1週間程度見ておけばいいと思いますが、申し込みをした個人個人の属性によって早い場合もあれば遅い場合もあると考えた方がいいでしょう。

カード発行から受取まで

カード発行には審査通過の連絡から1〜2週間見ておいたほうがいいとされています。ただし、この1週間というのは申し込みが混み合うシーズンのもののようで、それよりも早く手元に到着したとの声もたくさんあります。
また、カードは郵送で送られてきますが、審査後に求められる本人確認書類を送付しなかった場合は「受取人確認サポートという方法で送られます。一部地域では日本郵便の「本人限定受取郵便(特定事項伝達型)」という方法となる場合もあります。

まとめ

主婦に根強い人気を持つイオンカード。その人気の秘密は、徹底された主婦の悩みを解決する仕様のクレジットカードとなっていることに理由があることがご理解いただけたでしょうか。
審査に通りやすいだけでなく、使えば使うほどお得で嬉しい特典がいっぱいのイオンカード。気になられた方は是非とも入手をオススメします!
家計を支える主婦の皆さんが少しでもハッピーな思いになれること、筆者も願っていますよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です