楽天カードの年会費や審査、ポイントの貯め方・使い方を紹介

「楽天カードマン」や「お買い物パンダ」といったキャラクターを使った広告を目にしない日はないくらい、お茶の間でもお馴染みのクレジットカードが「楽天カード」です。
CMでも必ず「年会費無料」や「ポイントがザクザク貯まる」「入会ポイントプレゼント」など、オトクそうなフレーズは耳にしていると思いますが、実際に楽天カードはオトクなカードなのでしょうか。
身の回りにも楽天カード所有者って意外と多いのではないでしょうか?それだけシェアを伸ばしつつ、顧客満足度も8年間連続で1位を取り続けている人気のカードであることは間違いありません。
ここでは気になる楽天カードを徹底解説します。楽天カードの人気の秘密をしれば、あなたも欲しくなること間違い無し!?

楽天カードの基礎情報

はじめに、楽天カードの基礎情報についてまとめておきます。

発行会社 楽天カード株式会社
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
年会費 永久無料
利用限度額 一般:10万円~100万円
キャッシング枠 0〜70万円
家族カード 有(5枚まで)

年会費無料

ETCカード 年会費:500円+税

発行手数料:無料

支払方法
  • 一括払い
  • 2回払い
  • ボーナス一括払い
  • ボーナス2回払い
  • 分割払い
  • リボルビング払い
支払日  毎月25日締め、翌月27日払い

楽天カードのオススメしたい特徴解説

ではお待ちかね、楽天カードをオススメしたい理由となる特徴を解説していきます。

国際ブランドは主要3ブランドを用意!VISA・MasterCard・JCBから選べる

カードを便利に使えるかはブランド選びが非常に重要になってきます。楽天カードはVISA・MasterCard・JCBの3種類から好きなブランドを選んで発行することができるため、非常に自由度が高いカードと言えます。この3ブランドであれば、どれを選んでも日本国内で不便をすることはまず無いでしょう。
カードを始めて作る方にオススメなVISAやMasterCard、すでにこのブランドは持っているという人にもオススメのJCBブランドと、どのユーザーにもピッタリのブランドで作成することができます。
特に楽天カードでは国際ブランド選びが非常に重要となってきます。詳しくは後ほど説明をしますが、国際ブランドによって電子マネーへのチャージでポイントが貯まるかどうかが決まるのです。この点もブランド選びのポイントとして参考にしていただきたいですね。

どのブランドでも年会費無料!家族カードでももちろん年会費無料

国際ブランドによって年会費が異なるカードがありますが、楽天カードはそんな点も心配無用です。どのブランドを選んでも年会費永久無料で利用することができます。
本カードの年会費無料はもちろん、家族カードまで年会費無料となっており、徹底的に「無料で作れるクレジットカード」という特徴を貫いています。家族カードも5枚まで発行可能ですので、1人が楽天カードを持てば、ほぼ一家全員が無料で楽天カードホルダーになることができますね。

クレジットカード・楽天ポイントカード・楽天Edyの機能が一枚に集約!

楽天カード1枚あれば、楽天カードのクレジットカード機能のほか、楽天ポイントカードの機能、電子マネー楽天Edyの機能の3役を賄ってくれます。
楽天ポイント加盟店で楽天カードで決済をすれば、楽天ポイントカードへのポイント付与分も自動で付いてくるため非常に便利です。
同じことが、楽天ポイント加盟店であり楽天Edy導入の店舗で楽天Edy決済をするだけで、楽天Edy利用時のポイントとポイントカード付与分のポイントが付いてきます。
楽天ポイントカードは100円の利用ごとに1ポイントが貯まります。
これ一枚あるだけで、買い物時のポイントの貰い損ねが無くなるため、大変便利です。

ポイント還元率は1%の高還元率!楽天市場ではなんと驚きの4%!

年会費無料のクレジットカードの平均還元率が0.5%と言われている中で、楽天カードは1%の高還元率を実現しています。どこで使っても1%分の楽天スーパーポイントが貯まります。
この高い還元率が、なんと楽天市場の利用時には4%と脅威的な還元率まで伸びます!4%のポイントの内訳を説明すると、以下の様になります。

  1. 楽天市場での買い物で得られるポイント:1%
  2. 楽天カードのポイント還元:1%
  3. 楽天市場の決済で楽天カードを利用した際に得られるポイント:2%

このように、楽天カードを利用することで様々なポイントが複合され、結果4%という高還元率が実現します。難しいことを覚えなくても「楽天市場で楽天カードを使えばポイントが4%!」と覚えておけば大丈夫です!

電子マネーへのチャージでもポイントが貯まる

ショッピング以外でも、電子マネーへのチャージで楽天スーパーポイントが貯まるのも楽天カード嬉しい特典です!ただし、どの電子マネーでポイントが貯まるのかは国際ブランドによりますので、しっかりと確認してください。

楽天Edy、Suica、ICOCA

楽天カードに搭載されている電子マネー「楽天Edy」へのチャージは、どの国際ブランドを選んでもポイント還元率0.5%でポイントを貯めることができます。
楽天Edyを使用した際にも楽天Edyに0.5%分のポイントが貯まるので、チャージと利用で合わせて1%の還元率です。カード払いよりも手軽に決済ができて、結果同じ還元率を受けることができます。
同じように、どのブランドであっても交通系の電子マネーSuicaとICOCAへのチャージでもポイントが貯まります。電車に乗るために交通系の電子マネー所有者は多いでしょう。中でも人気の高いSuicaとICOCAへのチャージでポイントが貯まるので、楽天カードは重宝します。

nanaco

nanacoへのチャージでポイントを貯めたいと思われる方は、JCBブランドを選ぶとポイントを貯めることができます。チャージでも1%の還元率で、nanaco利用時にはもちろんnanacoポイントを貯めることができます。セブン−イレブンなどで便利に使えることで人気のnanacoをさらにお得に利用できます。

au WALLET

人気急上昇の電子マネーau WALLET。この電子マネーへのチャージは楽天バーチャルプリペイドカードを購入し、このプリペイドカードからチャージすることで全ての国際ブランドカードからポイントが得られます。しかも、ポイント還元率は合わせて2.5〜3.5%と驚異的な高さ!ちなみに、au WALLETはMasterCardブランドなので、MasterCard加盟店で利用することができます。

楽天カードのポイントプログラム

ポイントを一生懸命貯めたのに、使いみちがなく有効期限切れ…そんな経験のある人も多いのではないでしょうか。楽天カードで貯まる楽天スーパーポイントなら、そんな悩みは無用です!

楽天スーパーポイントを貯める

先にも説明をしましたが、楽天カードでは楽天スーパーポイントがが貯まり、カード利用額の1%がポイントとして還元されます。また、楽天市場での利用はポイント4%になったり、楽天サービスでの利用で還元率が上がることがあります。同じように、楽天トラベルの決済に楽天カードを使うとポイント還元率が3%になります。
ポイント加盟店では、クレジットカード決済をしなくてもカードを提示するだけで0.5%の還元率が貯まりますし、楽天カードから発行したETCカードでも100円利用ごとに1ポイント貯まります。

楽天スーパーポイントを使う

楽天スーパーポイントは、楽天サービスで1ポイント=1円の価値で利用することができます。楽天の一番大きなサービス「楽天市場」はもちろん、「楽天トラベル」や「楽天ブックス」でも利用できます。具体的に、楽天スーパーポイントが活用できる楽天サービスをまとめておきます。

  • 楽天市場
  • 楽天トラベル
  • 楽天ブックス
  • 楽天ポイントカード
  • 楽天モバイル
  • 楽天銀行
  • RacCupon
  • 楽天MART
  • 楽天デリバリー
  • 楽天ペイ
  • 楽天写真館
  • 楽天ビューティー
  • 楽天GORA
  • 楽天SHOWTIME
  • 楽天music
  • 楽天ダウンロード
  • 楽天海外販売

並べてみると、こんなにも楽天のサービスは多いのかと改めて驚きます!聞いたことのある名前もいくつかあるでしょう。楽天スーパーポイントは、これらどのサービスでも利用可能です!

楽天スーパーポイントを変える

貯めた楽天スーパーポイントは他のポイントに交換することでも利用ができます。
ポイントを楽天Edyに移行すれば1ポイント=楽天Edy1円分に交換できます。街中の楽天Edyのマークがある店舗で使えるためショッピングにも利用できます。私生活で利用する場面が多く、貯めたポイントをムダにすることはありません!ポイントの交換は10ポイント以上から、1ポイント単位で交換ができます。交換受付した直後に楽天Edyへ移行が完了するので、すぐに利用できます。
また、日常生活で利用するのではなくて旅行の時などに思い切って使いたいという方には、ANAマイルへの交換をオススメします!楽天スーパーポイント 2ポイント=ANAマイル 1マイルでの交換ができます。交換は50ポイント以上から、2ポイント単位で可能です。交換されるまでには受付完了後から1週間かかるので、旅行の計画に合わせて移行しておきましょう。ANAマイル 10,0000マイルを楽天スーパーポイント 10,000ポイントにする逆の交換も可能ですが、マイルの価値の下がる利用方法なのでオススメはしません。

楽天カードの審査から受取までの手順

審査難易度・審査期間

楽天カードの審査難易度は、とてもやさしいと言われる部類のカードです。楽天カードの入会条件は「満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)※高校生は除く」となっています。ある程度の収入源を持っていれば入会条件は満たせそうです。
また、楽天カードは人気が高く申込者も多いため、スピード審査となっています。早ければ申し込み完了から15分程で審査結果が返ってきます。クレジットヒストリーに傷があるなど、信用情報が理由で在籍確認の電話がある場合は時間がかかってしまいます。最低1日、余裕を見て2日程度は見ておくといいでしょう。

カード発行から受取まで

カードが届くまでの期間は約1週間となっています。
カードは郵送で送られ、佐川急便の「受取人確認サポート」か日本郵便の「本人限定受取郵便」または「簡易書留」で送付されます。いずれにせよ本人限定受取郵便物で届くため、申込者が直接受け取ることが必要です。事前に楽天からメールでの通知もあるので、突然届いた!ということはありません。

まとめ

人気の楽天カードですが、年会費無料とは思えないほどの高還元率のカードとなっています。さらに貯まるポイントは楽天スーパーポイントで、活用方法もポイントとして使うことはもちろんANAマイルや楽天Edyのチャージに交換して利用もできるため、本当に利便性が高いです。
カード自体もクレジッ機能、ポイントカード機能、電子マネー機能と3役そろったカードとなっていて、珍しい特徴を持っています。これ一枚でどんな場面でも対応できると言っても過言ではないでしょう!

年会費無料で高還元率なことから人気の高いリクルートカードを紹介しました。ただでさえ高い還元率が、リクルートの提供するサービスを利用すればより効率的にポイントを貯めるともできる上、貯めたポイントはリクルートのサービスで利用できる他、Pontaポイントに交換して街中のおローソンで利用することができるなど、汎用性の高いリクルートポイント貯められる点も非常に嬉しい特徴です。
誰にとってもお得に使えることが楽天カードの人気を支える最大の理由です。あなたも魅力たっぷりの楽天カードの恩恵を受けて、快適な生活を実現させてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です